宅地建物取引士法定講習会

HOME > 宅地建物取引士法定講習会

宅地建物取引士法定講習会のご案内

(公社)全日本不動産協会広島県本部は宅地建物取引業法第22条の2第2項に基づき、広島県知事から指定を受けて平成27年より、宅地建物取引士証の更新に必要とされる法定講習を実施することとなりました。受講対象の方は、お気軽に当協会の講習会をご利用ください。

宅地建物取引士 法定講習のご案内
広島県知事登録の宅地建物取引士で下記のいずれかに該当する方が対象となります。
  1. 宅地建物取引士証の更新(5年ごと)をする方(交付申請前 6か月以内)
  2. 宅地建物取引士証の有効期限が切れている方
  3. 宅建試験合格後、1年を経過している方(但し、登録を終えた方のみ)
講習日程および会場
講習日 受付期間 受講対象者有効期限 会場
平成30年6月13日(水) 平成30年4月9日(月)~
平成30年4月13日(金)
平成30年7月13日~
平成30年12月12日
全日広島会館3階会議室
会場地図
平成30年9月12日(水) 平成30年7月23日(月)~
平成30年7月27日(金)
平成30年10月12日~
平成31年3月11日
平成30年12月12日(水) 平成30年10月22日(月)~
平成30年10月26日(金)
平成31年1月12日~
平成31年6月11日
平成31年3月6日(水) 平成31年1月15日(火)~
平成31年1月21日(月)
平成31年4月6日~
平成31年9月5日
受講申込手続きについて
申し込み・受付先 (公社)全日本不動産協会広島県本部
〒730-0043 広島市中区富士見町11-4(全日広島会館)
受付期間 月~金 9:30~16:30(祝日を除く)
宅地建物取引士証交付について
当協会では法定講習を実施しているのみで、宅地建物取引士証の作成は(公社)広島県宅地建物取引業協会が行います。 そのため宅地建物取引士証が受講された方のお手元に届くのは法定講習日より概ね2~3週間後になります。宅地建物取引士証の有効期限の余裕をもって法定講習の受講をお願いします。
必要書類・申込方法
申込時に持参して頂くもの
No 書類名 備考
1 宅地建物取引士証交付申請書 ダウンロードはこちら
2 受講申込書 受講票は受講番号を記入して後日送付します。
3 顔写真
  • カラー写真3枚(3枚とも同一写真)
  • 2枚は交付申請書と受講申込書に貼り付けし、1枚は宅地建物取引士証用とする。
  • 申し込み6か月以内に撮影したもので、縦3cm×横2.4cm。(ポラロイド写真不可)
  • 無帽、正面向きで上半身(胸から上)がはっきりと撮影されているもの。
  • 裏面に登録番号・氏名をご記入ください。
  • 背景が無地のもの(建物の壁等をバックに撮影されたもので、壁自体が模様として見えるものやカーテン、ブラインドは不可)
  • デジタルカメラの場合は、印画紙(写真専用用紙)を使用し、鮮明に印刷されたもの。
  • 写真は必ず上記の各項目に該当するものでなくては受付できません。
4 受講料等(16,500円)  
5 既交付の宅地建物取引士証  
6 (新宅建士証郵送希望者のみ)
返信用封筒(2種)
  • 旧宅建士証返信用封筒(定形)に82円切手を貼付したもの
申込方法
持参の場合
  • 上記リンクの必要書類等
  • 印鑑(シャチハタ不可)
郵送の場合
  • 上記リンクの必要書類等(既交付の宅地建物取引証はコピー)
  • 領収証返信用封筒(住所・氏名を記入し、82円切手を貼り付け)
  • 必ず現金書留にてお申し込みください。
宅地建物取引士資格登録に変更がある方へ
取引士資格登録簿の登録事項(氏名・住所・勤務先等)に変更がある方は変更登録をする必要があります。
受講の申し込みをされる前に各自で県の建設事務所に提出をお願いします。
(当協会では変更登録申請書を預かることができません。)