一般のお客様へ お引越しガイド

引越し時に必要となる準備・手続きをまとめました。
スムーズに新生活をスタートするためにお役立てください。

引越代を少しでも安くする為には

引越し会社には、予算や引越し会社に依存する作業内容に合わせてさまざまなサービス があります。その中から自分に適したものを選ぶことになりますが、自分でできることは自分ですることが、出費を抑えることにつながります。引越し会社に サービス内容をよく聞いて、経済的な引越しをしましょう。

引越しは平日にしよう

引越し日(家財の搬出・搬入日)が、土、日・祝日にかかると、割り増し料金になることがある。できるだけ平日に引っ越そう。

荷造り・荷解きは自分でしよう

引越し資材の準備、家財の搬出・搬入・据え付け、掃除など、引越し会社に全てまかせてしまうプランもあるが、時間に余裕があれば、荷造り、荷解きは自分でしよう。

引越し資材は自分で集めよう

ダンボールやガムテープ、ひも類など自分で揃えられるものは自分で用意しよう。

新居で不用となるものは、事前に処分しておこう

荷物の量が多ければトラックも大きくなり、作業人員も増えて費用がかさんでしまう。新居で使わないものは、市区町村の清掃局に引き取ってもらったり、リサイクルやフリーマーケットに出すなどして処分しておこう。

確な見積もりをとるためにも、荷物の量をしっかり把握しよう

荷物の量がはっきりしないまま引越しを依頼すると、トラックが大きすぎたり小さすぎたりして、結果もったいない思いをすることにもなる。正確に荷物の量を把握して、それから引越し会社に見積もりをお願いしよう。

引越し当日は、自分も少し手伝おう

引越し料金は、荷物の量や運搬する距離、かかる時間などで決まる。予定していた時間をオーバーすると割増料金がかかってしまうこともあるので、自分のできる範囲で荷物の搬出入を手伝うようにしよう。

引越し会社のオプシャナルサービスを活用しよう

引越し会社では、エアコンやアンテナなどの取り付け取り外しや、ピアノやエレクトローンの輸送、荷物の保管、ユニット家具の取り付けなど、さまざまなオプシャナルサービスがある。それぞれの専門の業者に依頼するより安くなる場合があるので、引っ越し会社に相談してみよう。

手続きリスト

引越しには様々な手続きが必要となります。見落とさないよう、このリストをご活用ください。


転出(現住所での手続き)

転入(引越先での手続き)
役所

転出届

転出証明書の発行(印鑑、身分証明書等)



転校届

在学証明書、成績証明、教科書給与証明書の発行

印鑑廃止届

印鑑証明書の発行(実印と印鑑登録証)登録証を返却。

国民健康保険住所変更届

保険証を返却。(印鑑、保険証、転出証明書)

原付自動二輪廃車届[125cc以下]

廃車証明書の交付
(印鑑、ナンバープレート、原付自動車標識交付証明)

転入届

移転後14日以内に転出証明書、印鑑持参、手続きをする。

転入学届

在学証明書等を教育委員会に提出。

印鑑再登録

実印と印鑑証明書持参し手続きをする。


国民健康保険新住所資格取得手続

印鑑、転入証明書の提出。

国民年金住所変更届

国民年金手帳、転出証明書、印鑑の提出。
(転入時のみ)
電話

移転届

現在迄の電話料金の精算
移転先架設申込票の作成(新住所及び連絡先の明示)

架設申し込み

架設申込票の作成(印鑑)
賃貸の場合は家主の承諾が必要。
ガス・水道・電気 引越の数日前に管轄の営業所及び局に連絡する。引越当日に料金の精算をする。 前もって取引先の営業所及び局に連絡し、引越当日から使用できるよう確認をしておく。
郵便局

転送届

現在迄の電話料金の精算
移転先架設申込票の作成(新住所及び連絡先の明示)

郵便貯金通帳の住所変更

新住所が確認できるものを提出(住民票等)
警察  

運転免許の住所変更

移転してから15日以内に手続きをする。(都道府県内の移動であれば新住民票のみ、それ以  外の場合は新住民票のみ、それ以外の場合は新住民票と免許証用写真1枚が必要)
陸運局  

自動車及び自動二輪車[125cc以上]の住所変更

車庫証明、新住民票、印鑑、車検証の提出(管轄が違う場合は車検場に行きナンバープレートの変更が必要)
その他 携帯電話、プロバイダー、金融期間、クレジットカード、各種会員カード等住所変更
新生活便利リンク集

引越などの時にアクセスする便利なホームページリンク集です。

一般のお客様へ
お知らせ
不動産無料相談会のご案内
不動産会社選びのポイント
お引越しガイド
お問合せ